一口馬主をお考えの方は、まず「クラブ」に参加することから始めましょう。

様々なクラブが存在する

競馬が好きならば、一度は馬主に憧れるもの。
しかし馬主になる条件は厳しく、誰にでも権利があるわけではありません。
仮に難しいとしても、馬主には憧れる。そう願い、どうしても馬主になりたい場合は「一口馬主」を検討しましょう。

 

一口馬主とは

一口馬主は出資金額に応じた分だけ馬主になれる制度です。
費用を抑えれば数万円程度から始められます。

 

一口馬主になるためにすべきことは、「クラブ」と呼ばれる法人に参加することだけです。
大小含めると様々なクラブがあるので、どのようなクラブがあるか知り、自分に適したクラブに参加しましょう。

 

 

有名なクラブとその特徴

有名クラブの料金や特徴は?

大小合わせると20を越える数のクラブがあります。
自分に適したクラブは人それぞれであるため、入会する前には必ず複数のクラブの比較検討を行いましょう。

 

今回は有名なクラブの特徴を厳選してご紹介いたします。

 

サンデーサラブレッドクラブ

東京都港区六本木にあるクラブです。
出資額は一口あたり30万円~300万円と幅広いですが、募集口数は90口に絞られています。
入会金は33,000円で、会費は月額3,300円
その他に馬ごとの維持費出資金と、保険料出資金が必要です。
2021年は「サトノダイアモンド」「リアルスティール」ら人気の馬に募集がかけられています。

 

キャロットクラブ

東京都渋谷区広尾にあるクラブです。
会員は年会費22,000円と月会費が3,300円、その他に馬ごとの維持費出資金と、保険料出資金がかかります。
募集馬に「レシステンシア」や「キラーアビリティ」など、人気の馬が数多く在籍しているクラブです。

 

ノルマンディーオーナーズクラブ

東京都中央区日本橋にあるクラブです。
年会費は11,000円、月会費は1,100円と非常にリーズナブルな設定がされています。
しかしその他に維持費や保険料などの項目が加算される点に注意しましょう。
「キタサンメジャーの20」「プリンセスフローラの20」などの人気馬が在籍しています。

 

東京サラブレッドクラブ

東京都港区南青山にあるクラブです。
入会金は11,000円で、月額のクラブ会費は3,080円
その他に馬ごとの維持費出資金と、保険料出資金がかかります。
1頭あたりの口数は400口であり、一口あたり45,000円〜12万円程度から購入可能です。
「レッドイグニス」や「ルージュエトワール」などの現役馬が在籍しています。

 

 

クラブで夢を叶える

まずはクラブ馬主にトライ!

1人で1頭の馬主になる条件は厳しいです。
しかしクラブならば費用を抑えながら馬主になれます。

 

競馬好きが高じて1頭の馬の一生を追っていきたいという感情が芽生えた方は、いきなり本格的な馬主になるのではなく、まずはクラブ馬主として経験を積んでみてはいかがでしょうか。