一口馬主が受け取ることのできる賞金の配当に関し明らかにしていきます。

賞金などの配当

順位によって変わる賞金や配当
一口馬主で出資した馬が活躍した場合は、本来馬主に分配される出資金を口数に応じて分配されます。
クラブ側は平均で3%ほどの手数料を取っていて、出資者が受け取るお金は源泉徴収として税金が差し引かれる仕組みです。

 

また、競馬は競走馬が獲得した賞金に対して馬主が80%、調教師10%、厩務員5%、騎手5%の割合で分配されています。

 

中央競馬の賞金

 

1着賞金

1着賞金はレース毎によって異なります。安いレースでも500万円ほどあるので、出資した馬が1勝でもすれば大きなリターンを得られます。
優勝賞金の一例は以下の通りです。

未勝利戦 500万円
新馬戦 700万円
500万下 700万円
1,000万下 1,000万円
1,600万下 1,780万円
オープン 2,000万円
G3 3,000~4,000万円
G2 4,000~6,000万円
G1 1億~3億円
2着賞金

2着の賞金は重賞になるとレース毎で異なり、平均して1着(優勝)賞金の40%ほどです。
オープン以下はレースのグレードに応じて以下の金額が目安です。

未勝利戦 200万円
新馬戦 280万円
500万下 290万円
1,000万下 410万円
1,600万下 710万円
オープン 840~960万円
3着以降の賞金
3着
未勝利戦 130万円
新馬戦 180万円
500万下 190万円
1,000万下 280万円
1,600万下 450万円
オープン 530~600万円
重賞 1着の25%前後
4着
未勝利戦 177万円
新馬戦 110万円
500万下 110万円
1,000万下 170万円
1,600万下 270万円
オープン 320~360万円
重賞 1着の15%前後
5着
未勝利戦 60万円
新馬戦 56万円
500万下 76万円
1,000万下 110万円
1,600万下 178万円
オープン 210~240万円
重賞 1着の10%前後
6着以降

本賞金なし
6~10着は出走奨励金として1着賞金に対して2~8%の賞金が出ます。

 

その他の賞金

競馬は1~5着の馬が得られる本賞金、6~10着の馬が得られる出走奨励金の他に、レースと条件に応じて以下の賞金が用意されています。

  • 特別出走奨励金
  • 特別出走手当
  • 内国産馬奨励金
  • 特別出走奨励金
  • 距離別出走奨励金
  • 内国産牝馬奨励金

一口馬主はいくら貰える?

主なレースで得られる賞金から、一口馬主が得られる金額の目安をまとめました。

 

新馬戦で勝利
賞金 772万円(本賞金600万円+その他手当172万円)
馬主還元 617.6万円
一口馬主還元 約600万円(クラブ手数料3%)

一口馬主が得られる金額

40口:15万円

100口:6万円

200口:3万円

500口:1.2万円

 

未勝利戦で11着以下
賞金 42万円(特別出走手当)
馬主還元 33.6万円
一口馬主還元 約32万円(クラブ手数料3%)

一口馬主が得られる金額

40口:8.1千円

100口:3.2千円

200口:1.6千円

500口:640円

 

ジャパンカップで1着
賞金 3億450万円(本賞金3億円+その他手当450万円)
馬主還元 2億4,360万円
一口馬主還元 2億3,629万円(クラブ手数料3%)

一口馬主が得られる金額

40口:590万円

100口:236万円

200口:123万円

500口:47万円

まとめ

得られる配当と順位

 

一口馬主が得られる配当は、「獲得賞金の約97%÷口数」です。
デビューしただけでも勝てなければ得られる配当は微々たるものです。
新馬戦クラスでも勝てば口数に応じて数万円以上の配当を受け取ることができ、ビッグレースでは一撃で100万円以上の配当が入ってくることもあります。

 

支払い時期はクラブによって異なりますが、月末締めの翌月払いによる月単位が一般的。源泉徴収が引かれますが、年末調整や確定申告をすれば控除分が戻ってきます。

 

>>確定申告必須の馬主、経費はどこまで?