馬主クラブに入会後、馬を選ぶ時に知っておきたい情報をまとめました。

馬を選ぶ理由

馬主クラブの利用者が最初に求められるのは「出資馬選び」です。
なぜなら馬主クラブでは、入会と同時に最初に出資する馬を選ばなくてはいけないから。

 

また賞金の配当を目的に馬主になるならば、出資馬選びは結果を大きく左右します。
勝てる馬に出資したいならば、しっかりとポイントを抑えた馬選びを行いましょう。
そのためのコツをご紹介いたします。

 

 

出資する馬を選ぶポイント

pointをご紹介!

 

出資する馬を選ぶポイントは大きく分けて4つあります。
全ての項目を満遍なく検討した上で、出資する馬を決めましょう。

 

血統

「遺伝子が全て」と言われるほど、競馬にとって血統は重要です。
勝ち馬を選ぶ上では必ず血統を確認しておきましょう。
基本的には、競走馬として優秀な成績を収めた馬同士の配合を辿っていく、という方法が王道です。

 

しかし競走馬として優秀だったからと言って、種牡馬として必ず優秀だとは限りません。
複雑ではありますが、そこが競走馬の世界の面白い部分なのです。

 

体の写真

馬選びのためにカタログを貰うので、その際に「馬の写真」をよく確認しましょう。
写真から伝わる馬体の仕上がりは、レースの勝敗を分ける大切な要素です。
筋肉の付き方、お尻のハリ、そして足の長さなど。
勝ち馬の条件に当てはまっているかどうかは、写真から読み解くことができます。

 

体の仕上がり次第では血統の絶対的優勢を覆すこともあるので、必ず確認しましょう。

 

調教師

馬自身からは焦点がズレますが、勝ち馬を探す上で「調教師」の存在も欠かせません。
調教師とは、馬主から預かった馬をレースで勝てるように育成する専門家です。

 

優秀な血統の馬がいれば、馬を勝たせる優秀な調教師がいるもの。
勝ちに1歩でも近づきたいならば、勝ち馬を多く排出している調教師の馬を選びましょう。

 

馬の所属地域

日本地図の画像

プラスαとして、「馬の所属地域」という観点も覚えておいてください。
勝ち筋に直接関係ありませんが「出資した馬の晴れ舞台を見に行ける場所に住んでいるか」という点は思いのほか多くの馬主に影響を及ぼします。

 

「勝ちにこだわってはいるものの、晴れ舞台は見逃したくない」と思うのが親心です。
関東に住んでいるなら関東で、関西に住んでいるならば関西で出資する馬を探してみてはいかがでしょうか。

 

 

楽しみ方は人それぞれ

出資する馬を選ぶ段階では、誰もレースでどのように走るか想像できません。
そのためある程度は博打な側面があります。
確実な勝ち馬の選び方はない、と肝に銘じておきましょう。

 

また、必ずしも勝ちにこだわる必要はありません。

 

人によっては、名付けた馬の成長にこそ価値を感じる人もいます。
馬選びで嫌になってしまわないためにも、自分の楽しみ方をしっかりと決めておきましょう。

 

その上でもし勝ち馬を探したいならば、今回ご紹介するようなポイントを参考にしてみてはいかがでしょうか。

>>一口馬主クラブ一覧はこちら